固定金利ローンと変動金利ローンの組み合わせが自由なミックスローンとは?

ミックスローンとは固定金利ローンと変動金利ローンを組み合わせた住宅ローンのことです。
本来、住宅ローンは金利上昇しても低い金利のままお金が借りられる固定金利ローンが有利ですが、金利が下がった場合は逆に高い金利の住宅ローンとなってしまいます。
この固定金利ローンの欠点を補うために変動金利ローンを組み合わせて、金利が下がったときに返済利息を安く出来る様にしたものがミックスローンです。
ただし、このローンを利用する場合は1つだけ注意することがあります。
それは、通常の住宅ローンに比べて諸費用が多くかかることです。
住宅ローンを利用する場合は契約書貼付印紙税・抵当権設定費用・事務手数料・保険料などの諸費用が必要になります。
これらの諸費用は借り入れる金額にもよりますが数万円から数十万円になります。
ミックスローンの固定金利ローンと変動金利ローンはそれぞれ別物ですので2つの契約が必要になり、諸費用もそれぞれの住宅ローンに支払う必要があるのです。