白い髪の毛が増えてきて嫌だな~とおもったらヘアカラーを使いましょう

白い髪の毛が増え、髪をアップする機会が減ってきた。
そんな時はヘアカラーを使用して髪を染めるのが一番です。
今は生え際だけに使えるものや植物由来の物など沢山の種類から自分好みの物を選ぶことができます。
購入した場合、使う頻度としてはこれは人によってまちまちだそうですね。
例えばの話ですが、生え際の白い毛は目立ちやすいので2週間に1回染める。
という方もいらっしゃいます。
しかし、髪の毛全体となると時間もかかるので少なくとも1か月の内で1回程度は染めたい。
というのが一番多い意見です。
髪の色がだんだんと白くなり始めてきたら美容院に行って染めてもらう方もいらっしゃると思いますが市販のヘアカラーで自宅で染める人もいます。
家で染めるのは汚れるし安全なのか心配。
というような意見がありますが、これは人によります。
安全面に関して一番気にかかる点はアレルギー反応がでるかどうか。
です。
が、説明書には事前にパッチテストを推奨しているものがほとんどなので初めにそちらをチェックされてから使用するようにすれば良いかと思います。
他にも、植物エキス中心の商品を選ぶと良いと思います。
歳を重ねてくと男女ともに気になってくるのが白髪の事だと思います。
しかし、これは自分ではいくら努力しようとも体は歳に対して相応の変化が出てきます。
しかし、だからといってあきらめる必要などなく白髪の部分を白髪染めで染めてしまえば良いのです。
自分で染めると髪がごわごわにならないか・・と考えがちですが、トリートメント配合の商品が多いので髪に使用したからといって傷みの原因になることはあまり考えなくて良いと思います。
しかしそれでも不安であればさらにトリートメントやパックなどを加えてみては如何でしょうか。
髪の毛を結ぼうとしたら白い毛が沢山出来ていた・・そうなったら白髪染めを使って早めに染めるのが良いと思います。
市販の物で染めると髪が傷まないか心配になる方もいると思いますが今は薬局でもヘナを使った物を取り扱っている所が増えてきました。
この商品は植物から取れたエキスを配合したものなのですがアーユルヴェーダなどリラクゼーションの場でも使用されている薬草です。
髪色を抜いてしまうのではなく、白い部分に色を入れるだけなので傷みの心配が少ないです。
が、脱色ではないので黒い髪の毛の部分は何も変化が起こらない。
という事になります。
そういう訳で、気になる部分にポイントとして使うのが効果的です。